スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節電

日本では今節電節電と言っていますが、今年の夏は例年並で去年ほど暑くはならないみたいですがどうなるんでしょうかね?

うちはもともと冷房設備がないのでこれ以上節電できませんが公共設備とかでやられるときついなぁ。。。

さて節電で思い出したのですがグルジアの民宿に泊まったとき、宿のおばさんやたら電気消しまくってました。

部屋を少し空けるときでも消さないと怒り出します。

風呂も電気で給湯するようになってるのでなかなか使わしてくれません。

グルジアはロシアとの関係悪化でエネルギー供給が悪化してるので電気代が高いのはわかるけど。。。

あとアゼルバイジャンで泊まったホステルでも管理人がやたら電気代を気にしてました。

アゼルバイジャンって石油でるんだから電気代安いんじゃないのかなぁ。。。。

まあ、こんな国もあるんだから日本の節電なんかたいしたことない!
スポンサーサイト

故郷

ウイグル語を新疆大学で学んでいたときの話です。

先生が出身地を聞くウイグル語を説明したとき

「yurt」=故郷という言葉が理解できないアメリカ人がいて

先生は英語ができないのでそのアメリカ人が分かるような中国語を使って「出生的地方(生まれたところ)」と説明した。

そのアメリカ人は「Oh!」と言って辞書をめくって「医院」と自信まんまんで辞書を先生に見せていたのが今でも記憶に残っている。


まあ、たしかにそうなんだけど、、、。

でもまた別の意味で勘違いしないでよかったなぁ、とそのときほっと胸をなでおろしたのでした。

トルコ語との付き合いのはじまり

実はトルコ語を僕がはじめたのは結構早いのです。

もともとシルクロードの共通語と言われたトルコ語に興味があって、どんな言語なんだろうなどといろいろ妄想と想像を働かしていたのですが。。。

大学の頃、なぜかトルコ語の講義があったので受けることにしたのです。

その講義は単位にはあんまり関係なかったのだけどマニアックな講義なのでついついとってしまったのです。

そこでやったのは「キュルテギン碑文」や「ムハムド・アリ・カシュガリーのトルコ語集大成」

はっきり言って、たぶん面白くない講座。

5人ほどいた生徒は一人減り二人減り。。。。。

そして、僕だけが残りました。

最初は教室でやってたのですが、少なくなってからは教授の研究室でコーヒーを飲みながらまったりと講義。

よくわからんかったけど今思い出せば結構面白い講義だったかも。

また、受けたいなぁ、、、。
プロフィール

kamal20100614

Author:kamal20100614
アッサラーム アレイクム!

中央アジア友の会のブログです。

「中央アジア友の会」




にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 外国語ブログ マイナー外国語へ
にほんブログ村

 
最新記事
 
最新コメント
 
最新トラックバック
 
月別アーカイブ
 
カテゴリ
 
検索フォーム
 
RSSリンクの表示
 
リンク
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。